×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

★ 我が家のカブト虫紹介 その2★

ヘラクレスの仲間たち!



シロカブト3種せいぞろい!

ここでは、ヘラクレスカブト虫たちの仲間たちを紹介します!
この仲間たちは、南米〜中米〜北米と北南アメリカ大陸に5種生息しています。
しかし、ヘラクレスのように大きいものは1種のみで、その他はみんな小さくてかわいいんですよ。

ネプチューン大カブト虫

ネプチューン(コロンビア)120/130/100mm
以前は超貴重種の扱いでしたが、ここ数年で生息地がはっきりとしたためにコンスタントに入荷するようになってきました。コロンビア、エクアドル等の高地に分布し、胸角の下の1対の小さな角が特徴です。角の長さはヘラクレスより長く、たいへんスタイルの良いカブト虫です。その反面飼育は少し難しく、暑さには特にもろく、無精卵も多いと言われています。左の写真を見ればその大きさがおわかりいただけますよね。ただ、高価なので購入にはひとつ勇気が必要です。幼虫期はヘラクレスより長く、2〜3年と言われています。我が家では2年で極小のF1が誕生しました(右上)でも、これが2年も待つと可愛くて・・・。
拡大画像はClick here!!

サターンオオカブト

サターン(ボリビア)
長く幻のカブトと言われ続けてきた珍種カブのサターンです。残念ながら成虫はもっておりません。何せ高価!もう少し待った方がいいです・・・。
ネプチューンを小さくしたようなカブですが、生息地が狭いために未だに入手が困難です。ネプよりも幼虫期が長いとの噂あり、飼育者泣かせのカブと言えるでしょう。しかし、実物は小さくてもそれなりの迫力があり、やはり憧れの名に恥じないものです。3月に少数入荷がありますが・・・。一般的になるのは、いつのことか・・・?

 

今度は小さくてかわいいシロカブト虫たちです!
身体は小さいけど、みんなヘラクレスの仲間なんです!この仲間は世界に3種います。

グラントシロカブト虫

グラントシロカブト(米/アリゾナ)65mm
ヘラクレスの仲間の小さなカブト虫です。アメリカのアリゾナ州のみに生息する白く(グレーから青、黄色など変異多い) たいへん美しい人気種です。私も大好きな種です。晩夏のみにワイルド入荷してきます。 4〜5ヶ月ほど卵のままでいる特殊な生態です。40〜50mmくらいの小さいサイズが多く、写真の個体くらいの大きさで角の長いものは、即ゲットしよう!
拡大画像はClick here!!

 

ティティウスシロカブト虫

ティティウスシロ(米/大西洋岸一帯)45mm/55mm
グラントより黄色っぽく、小さいこれも美しい種です。胸の一対の小角が大きく、はっきりしていて、胸もツルツルで光沢があるのが特徴です。グラント同様晩夏にワイルド入荷します。、ようやく少しづつ出回るようになってきましたね。 得に黄色の強い個体はかわいいですよ。
上の成虫は8月/9月生まれのF1ペアで左はワイルドの極小♂です。ちなみにこいつら羽化後、餌を食べるまでが長い!我が家では休眠半年以上で、新成虫♀は1年2ヶ月も生きていました。F1ペアまだ寝てます。拡大画像はClick here!!

 

ヒルスシロカブト虫

ヒルスシロカブト(メキシコ南部)
75mm
シロカブトの中では1番の貴重種です。サターンの次に生息数少ないと言われており、まさに珍種扱いです。外見はティティウスに酷似ですが、大きさが1まわり大きくなります。左の写真では分かりにくいですが、1目で大きさの違いが分かる程です。又、グラント同様、ブリード成虫の方が長角が期待できるように思います。1度85mmオーバーの見事な成虫見せてもらいましたが、まさに見事・・・!ヘラクレス並みのスタイルでした。♀の識別も容易ですね。ヒルスのみ胸が真っ黒でつや消しです。ティティウス♀なんかとは、大きさだけでなく、明らかに違います。
拡大画像はClick here!

 

 


[NEXT]

[TOP] [BACK]